に投稿 コメントを残す

ICTの力で地方活性化をーNPO法人 上総らぼ

富津市中央公民館で、NPO法人 上総らぼの島野理事長による「かずさ4市のAEDの設置場所をGoogleマップにマッピングしよう!」という高校生向けの企画を見学。
応募が多すぎたため、別日にも分けたそうです。元のデータが必要だったので袖ケ浦市分のデータ整理・提供で協力させていただきました(袖ケ浦市消防に一部データ提供いただき感謝いたします)。高校生が場所の住所データをエクセルで整理し、Googleマップで読み込んで地図上に一目で分かるように反映させる、という一連の作業を行っていました。

しかし今あるデータは公共施設分がほとんどであるため、今後民間施設の設置分を高校生に調べてもらって反映させていく予定です。

ちなみに、上総らぼは「ITの力で地方の活性化を」を掲げ、富津市ICTアドバイザーでもある島野理事長を筆頭に上総地域で活動されているそうです(今年5月に法人登記)。今後もVRの活用やスマホを使った道路整備状況の把握など、面白い企画がいろいろとあるそうです。
http://kazusalab.org/
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。