baserCMS

コーポレートサイトにちょうどいい国産CMS コーポレートサイトにちょうどいい国産CMS
全て日本語の国産CMSだから、設置も更新も簡単、わかりやすい。 全て日本語の国産CMSだから設置も更新も簡単、わかりやすい。

このサイトは、袖ケ浦市議会議員・根本駿輔(しゅんすけ)の公式サイトです。

 

 

About・Profile プロフィール

ご意見やご質問がある方、私の活動にご協力いただける方、定期的な資料の受け取りを希望される方などは、「お問合せ」よりご連絡ください。
袖ケ浦市のことでお困りのこと、こうなったらいいのになというアイディア、具体的ではないけどこんな思いがある…ささいな話でも構いませんので、私にお聞かせください。市内どこへでも伺います!

<根本 駿輔 プロフィール>

1985年 袖ケ浦市代宿に生まれる
1992年 桜ヶ丘幼稚園 卒園
1998年 長浦小学校 卒業
2001年 長浦中学校 卒業
2004年 県立千葉高等学校 卒業
2008年 早稲田大学商学部 卒業

大学においては、商学部で経済や経営の勉強をしつつ、地方自治関連についても自主的に学び、また大学付近の商店街の取り組みの手伝いなども行う。
2008年より不動産会社に勤務。墨田区議会議員佐藤あつし氏の政策スタッフとして政治活動を手伝うなど地方自治について学び、仕事でも住民自治に携わり助言や提案を行う。
2016年10月に袖ケ浦市議会議員選挙にて唯一の新人として初当選。
現在子育て中の31歳(2016年11月現在)。

◆所属委員会:総務企画常任委員会、議会広報特別委員会、環境災害対策特別委員会

◆主な資格:宅地建物取引士、マンション管理士、管理業務主任者、防火管理技能者、わな猟免許 など

◆趣味:コーヒー、料理、音楽、バスケ、アウトドア など

 

*政治に興味をもったきっかけ*

私が多感な時期である中学生~高校生だったのは1998年~2004年の時期です。ちょうどその時期、隣の木更津市は東京圏の地価下落率No.1となっていました。当時地価のニュースに注目していたわけではありませんが、駅前のそごう撤退に象徴されるように、小さな頃から遊びに来ていた駅前が衰退する様子を目の当たりにしました。
「こんなにもあっさりと見慣れたまちの風景が変わってしまうのか」
その変化は私が地方自治に興味を持つきっかけとなり、自分たちのまちの未来を守りたい、不安なく暮らせるまちにしたい、そんな思いを学生の頃から持ち続けています。

Vision 理念

未来に、責任を持つ。

「保育所落ちた」ブログで話題になったように、国・地方とも政治の目はなかなか若い世代に届いていません。私は現在30代前半。未就学児の子どもを持つ身としては、重要なのは来年・再来年だけの話ではなく自らと子どもたちの未来のことも考えることです。子どもたちがどのような環境の中で育っていくのか、自分が現役世代の一線をリタイアして子どもが更に親になるときにどのような状況なのか。自分が高齢者になる時も、安心できる住みよいまちであるか。目先だけでなく、20年先、30年先のことまで考えなければならないのです。過剰なハコモノを建てれば維持費がかかりますし、子育て環境をおろそかにすれば若い世代はいなくなってしまいます。責任を持ってまちの未来を考えなければなりません。

政治家だけの政治にしない。

政治家に相談をしたことがありますか?住民の声がきちんと市政に反映されていると感じますか?政治は政治家が勝手に行うものではありませんし、市政は「決められたことだから仕方ない」で終わるものではありません。日々の生活の中で感じた問題、不便の改善や暮らしやすくするアイディアを、具体的に解決・実現するお手伝いを行うのも議会・議員の役割です。20人強の議員と市役所の方だけでは目も手も届かない部分が出てきてしまいますが、袖ケ浦市6万人の住民が少しずつ興味を持てば格段に住みよい街になるはずです。住民と議員のコミュニケーション、紙媒体だけでなくインターネットも利用した発信力・交流の強化、より積極的な議会報告会などが必要とされています。

 

Contact お問合せ

メール nemoshun@gmail.com

電話 090-6138-1669

LINE  @nemoshun

Twitter  @nemoshunsuke

事務所 〒299-0241 袖ケ浦市代宿184-4