に投稿 コメントを残す

共同親権についての陳情

今週は各常任委員会での議案審議と、決算の委員会審査の1日目が行われました。

私が所属する文教福祉常任委員会で特に多くの時間が割かれたのは、離婚後の共同親権及び共同養育の法整備に関する(国への)意見書提出を求める陳情について、です。
共同親権/単独親権の議論は非常に難しい問題であるため、今回は委員会前に会派の議員と共に弁護士のところへヒアリングも行った上で委員会に臨みました。

共同親権を含めた今後の家族に関わる法的な問題については、現在法務省・厚労省・最高裁の担当者や弁護士・大学教授の方などからなる「家族法研究会」で議論されているところですが、陳情の趣旨は(共同親権をベースとした考え方で)更なる議論を求めるもの。

確かに、共同親権/単独親権をめぐる議論として、
*一方の親が無断で子どもを連れて出ていき、会えなくなる。
*虚偽でもDVを訴えられると、連絡をとることができなくなる。
*海外では共同親権を導入しているところが多く、国を超えてトラブルとなることがある。EUからも指摘の決議がされている。
といった今回の陳情でも主張されている点は、共同親権を求める立場の方からよく指摘されている点です。

実際に弁護士に確認した中でも、状況からDVが実際にあった蓋然性が低いと思われるケースでも、行政から弁護士に対してでも全く情報が開示されず、(仮に弁護士を介してだとしても)話し合いの余地が無くなってしまっているといったケースも聞きました。

また、今回の陳情の中でも紹介されていましたが、国連子どもの権利委員会からも、「子どもの最善の利益となるときは、共同親権を認めるような法体制を整備すること」という旨の勧告が出されています。

こうした中、今回の陳情では具体的要望として
*同意なき子どもの連れ去りを行った場合に、速やかに子どもを元の場所に戻し、養育について話し合うこと。応じない場合は、連れ去られた側の親に暫定監護権を与えること。
*主たる養育親の決定をフレンドリーペアレント(他方の親により多くの頻度で子を会わせる親)ルールによるものとすること。
*養育費の取り決めに合わせ、年間100日以上の面会・養育を義務化すること。
*DVの受理について警察の捜査を義務付け証拠主義とすること。ねつ造DVについての認定・罰則を強化すること。
といった内容が挙げられていました。

しかしながら、そもそも海外での共同親権制度はその前提として、離婚等に裁判所等が関与する仕組みがあり、当事者の協議で離婚が成立する日本とは異なります。また、親権をはじめとした家庭内のトラブルに対して行政等が積極的に関与する仕組みになっている点も異なります。
表面的な部分だけの導入を行えば、家庭に積極的に介入を行わない日本の制度の司法・行政制度の中で深刻なトラブルが起こりうる、また子どもの環境が不安定になる蓋然性は高くなります。

具体的要望事項としても、非監護親に適切なプロセスなく監護権を与えることは、やはり子どもの環境を非常に不安定にさせるものです。
フレンドリーペアレントルールについては既に裁判所の判断の中で一部取り入れられている考え方であり、それも含めた総合的な判断によっています。同ルールも考え方の一つではありますが、単独親権にせよ共同親権にせよ、養育親に係る決定は子どもの最善の利益を考えた、総合的な判断によるべきです。
面会交流の義務化については、年間100日以上という日数は現状に比して非常にハードルが高く、現実的にも監護親と子どもに大きな負荷となりかねず、仕事や生活への影響も大きくなるため、これもやはり義務化とするほど一般化して「子どもの最善の利益」となるとは考えられません。

先に挙げた国連子どもの権利委員会の勧告についても、あくまでも、「子どもの最善となるときは」共同親権を認めるべきというもので、単に共同親権とすべきというものではありません。

現在、家族法研究会においては、共同親権・単独親権それぞれの課題を踏まえながら、「子どもの最善の利益となる制度はなにか」ということで法体系の見直しが、様々な論点を踏まえて慎重に検討されているところです。

共同親権については、表面的なものではなく、様々な条件を踏まえ、トラブルが起こりにくく、何よりも「子どもの最善の利益」となる制度としての検討が必要であり、本陳情を採択することに反対しました。

上記の旨を委員会で討論として述べ、全員(委員長を除いて5名)採択に反対という結果となりました。
(本会議で改めて採決があります)

に投稿 コメントを残す

祖父が他界しました

母方の祖父が他界し、本日無事葬儀が終わりました。
国鉄時代に千葉駅長も務めた祖父ですが、固い人というイメージはなく、会うといつも冗談ばかり言っている気さくな人でした。
向こうで、好きだった日本酒を毎日飲むのだと思います。

また、もともと年賀状は公職選挙法の決まりで議員は市内には自筆の答礼以外出すことができませんが、来年はもし頂けるのであれば寒中見舞いにしていただければ幸いです。(年賀状として頂いても、寒中見舞いでの返信となりますのでご承知おきください。)

※親族のみでの葬儀とさせていただきましたので、弔問および香典はご辞退申し上げます。

に投稿 コメントを残す

市長選に寄せて

いつも政策などについては、冷静な議論ができるように、私の考えを示しつつもなるべく偏りすぎないように書いているため、市長選についても中立っぽいことを書こうかとも思ったのですが…止めました。

それだけ、粕谷ともひろ候補が市長として最も適任だと考えています。

私が当選した3年前から、同じ会派として粕谷候補とはずっと一緒に活動してきました。

人柄的なことは本人はからはなかなか話しにくいと思いますが、非常に真面目な方です。

どうしたら市民が暮らしやすくなるか、どうしたら企業の発展できる環境がつくれるか、あるいは市政の実務を担う職員のことなど、様々なことに考えを巡らせ、決して自己のことを優先に考えることはありませんでした。

台風災害の際にも、政治活動どころではない!と一時活動を中止し、ボランティア等で災害の現場で復旧に尽力していました。

真面目である一方で、新しいことに積極的に取り組んでいくべき、というチャレンジ精神にも溢れています。

急激に変化する社会に対応していくためには、「守る」だけでは地域や自治体は衰退していく一方です。

新しい制度、事例、技術などに進んで取り組んでいかなければ、これからの困難な時代に立ち向かうことができません。

粕谷候補にこれからの袖ケ浦を担ってもらいたい、心よりそう思います。

粕谷ともひろウェブサイトhttp://kasuyatomohiro.com/

に投稿 コメントを残す

2日だけの8月議会&自動運転視察

先日ブログに書いた広域廃棄物処理施設の件のために開かれた8月議会は、2日目の今日可決して終わりました。

その後は若手市議会議員の会研修会で前橋まで大移動!

群馬大学で自動運転について視察させていただきました。

バスを自動運転に改造しても1,000万円くらいということで、人件費に比べればかなり現実的に収まっていました。

シャトルバス運行は実証実験も進んでおり、袖ケ浦駅~袖ケ浦BTへの活用も、できるのではないかな、と思いました。

(道の細い集落を走らせるようなものについては、もう少し検証が必要かな、という印象です。)

に投稿 コメントを残す

年金2,000万円問題

先日の参議院議員選挙でも、年金2,000万円問題をとりあげる話が聞かれました。

マスコミや各党の取り上げ方もいろいろとありますが、「年金だけでは2,000万円も不足するなんて!」という取り上げ方はいかがなものかな、と思います。

そもそも年金はゆとりある老後を送るために十分な資金を確保するもの、では以前から無かったはずです。

最初の写真は某証券会社のパンフレットにあった記事ですが、そこでは「老後は年金以外に3,000万円必要」とあります。(昨年データに基づいて作成されたもの)

一連の騒動の中で「どうなのかな」、と思う対応はありましたが、2,000万円不足するとした報告自体は、明確な金額を示したということ以外は目新しいものではないはずです。

そうした本質を外した話ではなく、定年制度、高齢者の働き方、セーフティーネットのあり方、資産形成の方法、など建設的な議論を望みます。

に投稿 コメントを残す

保育園さらに増設

昨日まで2日間、一般質問でした。
今回の議会(6月定例会)での議案で注目ポイントとしては、袖ケ浦駅海側地区に新たな民間保育園ができる(ことへの補助予算)ということ。定員60名で、既に決まっている小規模保育施設×2施設と合わせて、98名分が今年度中に増設されることになります。

に投稿 コメントを残す

議会運営と広報の視察(とウェブサイトリニューアル)

画像に含まれている可能性があるもの:空

昨日までの2日間、滋賀県長浜市と甲賀市に視察に行ってきました。
(議会運営委員会・議会広報委員会の合同視察)

長浜市では議場を中心に新庁舎を見学させていただき、構造やバリアフリーの設備などを参考にさせていただきました。
また、議会におけるタブレット機器導入も検討中とのことで、袖ケ浦でも話が出つつある現状、ポイントの整理につながりました。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

甲賀市では議会だよりの編集について話を伺いましたが、何より委員会の皆さんの広報にかける熱意がすごい!
高校生にも見てもらえる紙面にしようと高校生と会議しにいったり、街角でアンケートをしたりと、紙面改善の取り組みをされていました。
また、逆に袖ケ浦の場合はコンビニにも置くなど手に取りやすくしたり、一般質問ページのレイアウトを工夫したりといった点が、甲賀の議会広報としても改善の参考になるとおっしゃっていただきました。

画像に含まれている可能性があるもの:19人、、スマイル、テキスト

また、諸事情によりウェブサイトをリニューアルしました。
ブログ機能も使いやすくなったので、より色々と発信できればと思います。
(相変わらず、細かい発信はTwitterとFacebookページを使っていますのでそちらもご覧ください)

に投稿 コメントを残す

SIMかずさ2030開催

画像に含まれている可能性があるもの:5人、座ってる(複数の人)、室内
先日、かずさJC(青年会議所)のイベントとして、「SIMかずさ2030」を開催しました。

かずさ地域4市を仮想都市と見立てて、行政の部長役となった各人が財政に限りがあるなかでどの事業を選択していくか、投資的要素も踏まえながらチームで考えるというゲームです。

ゲームの都合上もちろん強引な設定もあったのですが、元ネタとなっている事業は本当にこの地域で取り組んでいること(有害鳥獣対策や工業団地整備など)でしたので、リアルな議論ができたのではないかと思います。

ゲームの元は熊本を起源として千葉市版をやっているのを見かけ、「ぜひかずさ地域版でやりたい」と企画してやらせていただきましたが、地域を担うJCおよび木更津商工会議所青年部の方たちの中で白熱した議論が交わされるのを見て、やってよかったなと確信しました。