baserCMS

NEWS RELEASE 新着情報

選挙

都議選スタート!と受動喫煙対策

今日から東京都議会議員選挙ですね。
直接的に関係ないとはいえ、やはり最も大きな地方議会選挙ですから、今後の他の地方自治体に与える影響も大きいので、しっかりと見届けなければなりません。

さて、今朝の朝日新聞で受動喫煙対策に焦点を当てた各党の公約比較がされていました。
*********

・自民「罰則規定のある、原則屋内全面禁煙とする受動喫煙防止条例を制定」

・民進「歩きたばこ禁止、公共施設は全面禁煙、学校や病院は敷地内も含めて全面禁煙。支援強化と罰則で実効性を担保」

・公明「原則、屋内全面禁煙を内容とする罰則規定を持った受動喫煙防止条例を制定」

・共産「罰則規定を含む、屋内の公共空間と職場を全面禁煙にする受動喫煙防止条例をつくる」

・都民ファ「飲食店屋内禁煙(従業員がいない、または全従業員が同意した店を除く。喫煙専用室可)。大学・運動施設・官公庁は屋内禁煙。小中高医療施設は敷地内を含め全面禁煙(ホスピスを除く)。子どもを受動喫煙から守る」

・ネット「子どもを受動喫煙から守る条例をつくる」
(2017年6月23日付 朝日新聞朝刊より)
http://digital.asahi.com/articles/ASK6N51JQK6NUTIL028.html?_requesturl=articles%2FASK6N51JQK6NUTIL028.html&rm=84
**********

まず民進党は飲食店にはノータッチと、比較的緩い設定。しかしこのレベルの規制をやってる自治体は割とあるのでは…

そして他の各党は飲食店等も含めた禁煙の方向では打ち出しているものの、国会でも散々議論となった「例外規定をどこまでおくか」が具体的になっていないので、正直どこまでやるかわからないですね。

注目の都民ファーストは唯一具体的に言及しているのはいいのですが、『全従業員が同意した店を除く』という骨抜き条件があるのが残念。アルバイトや平社員で店長に「喫煙OKにするけどいいよね?」と言われて逆らえる人がどれだけいるのでしょうか。というか採用条件にすらなりそうですよね。

総じて、受動喫煙対策に関しては先日の国会の議論に比べたら中身の議論に欠け、世論の盛り上がりの割には大幅な対策強化にはつながらなさそうだな、という印象を受けました。
しかしながらまだ選挙はスタートしたばかりですので、更なる受動喫煙対策の議論の盛り上がりを期待したいところです。

選挙費用っていくらかかるの?

選挙が終わって2週間が経ちましたが、知人に会うと「選挙ってすごくお金かかるんでしょ?」とよく聞かれます。
収支報告書も無事受理されましたので、今回の選挙費用概要をオープン!


(前提)
・「選挙で無駄なお金を使っていては『政治で無駄なお金を使わない』ということに説得力がない、との考えから極力絞っています。
・上記の考えに加えて中身のないことはしない、というポリシーのもと選挙カーは使いませんでした。
・数字はわかりやくするために概算の金額です。


人件費   0円(※1)
事務所費  0円(築30年の実家庭のプレハブです笑)
広告費  5万円(拡声器2万円、看板3万円)
食糧費  8万円弱(※2)
雑費   6千円(移動用ガソリン代)


(※1)ウグイス嬢や事務作業員は雇っていませんので。ボランティアでお手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。
(※2)お茶代5千円、茶菓子4千円、弁当代6.8万円で正確には7.7万円。ほぼすべて運動員用です。自分の弁当代も入ってます笑


合計すると、約13万円の支出でした。
なお、掲示板用のポスター印刷費19万円(183ヶ所分)も発生していますが、公費負担となります。
本当は選挙カーも公費負担となるので自分の財布は痛まないんですが、出所は税金なので無駄なことはやるまいと使いませんでした。


ただし、選挙期間というのは1週間しかないため実質的にはこれに日常的な政治活動にかかる費用が生じます。
私の場合、政治団体のパンフレット印刷費約9万円、看板約9万円、
事務所用テーブル・椅子約3万円、ジャンパー8千円、HP用サーバー費用3千円(制作は自分でやったため0円)等で計25万円弱というところでした。


いやまあ30~40万円の支出って痛いは痛いんですが、政治活動・選挙活動の費用としては相当抑えている部類だと思います。
「そんなものなの?」と思った方も多いのではないでしょうか。
どこぞの市議会でお金の話で話題になったところですし(笑)、そもそもお金をかけない政治、積極的な情報公開をしていきたいと思います。

選挙を終えて

皆様のお力添えのおかげで、無事当選することができました。
組織も実績もない中で不安定な活動でしたが、ご協力いただいた皆様、私に袖ケ浦市の今後を託していただいた皆様、深く感謝申し上げます。

選挙カーも使わない、派手な事務所も持たない。
都会では増えつつあるとはいえ、徹底して慣習にとらわれず、自分が信じる「無駄な金を使わない」「中身のないことはしない」にこだわった選挙がこれだけの支持をいただいたということは、それだけ袖ケ浦市も変化を求めている方が多いのだと思います。

希望を、未来を託された者として、責任を果たして参ります。
皆様、改めまして本当にありがとうございました。

  • Category:
  • タグ:選挙
  • Author:nemoshun

選挙戦まっただ中

袖ケ浦市議選、選挙カーを使わない&派手な事務所を持たない、という低コストをポリシーとして、マイクで各地回らせていただいております。

細かい更新はフェイスブック、ツイッターで行っておりますのでぜひご覧ください。

  • Category:
  • タグ:選挙
  • Author:nemoshun