baserCMS

NEWS RELEASE 新着情報

観光

3月定例会の一般質問【民泊、情報化対応】

3月定例会でも一般質問を行いました。

テーマは「民泊」と「情報化対応」です。

 

【民泊】

住宅宿泊事業、いわゆる「民泊」は法改正され今年の6月から解禁となります。
対応として難しいのは、住環境の悪化やトラブルというネガティブな面と、地域の活性化というポジティブな面があるところです。

私は質問の中で、特に周辺住民への影響が大きい集合住宅において、オーナーが空室で民泊を行う場合などに周辺住戸へ十分告知が行われないことによるトラブルを懸念し、周知徹底を提言しました。

また、一方で袖ケ浦のように特にイベント開催時に宿泊施設が足りていない、または特定施設にピンポイントで行くだけという観光行動になっている状況においては、民泊は活用の余地が大きい制度だと考えています。

現行法でも実は「イベント民泊」という、大きなイベント開催時に限って民泊を行う条件が緩和される制度もあるのですが、本市ではこれまで検討されたことはないとのことでした。

最終的には行政が実施主体ではないのですが、積極的な自治体は促進のために後押しする動きをとっているところもあり、活用を提案しました。

 

【情報化対応】

ざっくり情報化対応とまとめましたが、一つは「オープンデータの活用」というテーマです。

そもそもICTという分野は行政が苦手なので(笑)、民間のほうが様々な活用をしています。

そこから派生して近年では、市民団体や個人で住民の生活がより便利になるようなプログラムの開発を行っている例が多くあり、こうした動きをもっと活性化させるためには大元のデータを行政がオープンにすることが必要になってきます。

もっと厳密にいえば、ただ単に情報公開すればいいという話ではなく、現役社会人の方ならおわかりかと思いますが、データを画像やPDFで出しても活用しづらいので、エクセルやプログラム用アプリケーションなどで活用できるような形で出すことが求められています。

これらがうまくいけば、住民のサービス向上、行政のコスト削減などにつながっていきます。

本市でも計画的に進めようとしており、2月に一部のオープンデータ公開が始まりました。

意義がなかなかわかりにくいのが難点ですが、庁内全体で共有して進めてほしいという観点から質問を行いました。
 

二つ目は、スマートフォンアプリの開発状況についてです。

実は本市の計画では30年度からスマホ用アプリを運用開始する予定となっていたため、進捗状況を確認したところ再検討状態とのことでした。

私はスマホ用アプリに関しては、実は懐疑的です。というのも、「スマホにアプリを入れてもらう」というのは結構ハードルが高くて、民間企業はそのためにプロモーションを必死で頑張っているわけです。

最近はスマホ用アプリを自治体独自で提供するところが増えてきたのですが、ちゃんと住民に利用されているかはかなり怪しい状態です。

費用はどういうアプリを提供するかにもよりますが、複数機能をもったしっかりしたものを作ろうとすると、イニシャルコストもランニングコストも数百万円という単位になりかねません。

それで一体どれだけの市民に使ってもらえるものになるのか、結構難しい事業ではないかと思います。

質問の中で感じたことは、「アプリを作る」ということが目的化してしまっているということです。

本来あるべき順番は、住民ニーズがあって、それに対応するためにはアプリという「手法」が最適だから作るということであるはずです。

やることに絶対反対ということではないのですが、作るならきちんと住民のニーズをくみとったものになっているかチェックしなければならないと思いました。

3月議会の一般質問:受動喫煙対策など

【3月一般質問まとめ:受動喫煙対策など】
今回の議会で私が行った一般質問について、要点をまとめました。
恐らく本市の議事録に初めて「萌え」という単語が載ったのではなかいと思います(笑)
(「一般質問」とは、自由なテーマで議員から市に対して質問を
行い、市政をチェックしたり政策提案したりするものです。)

◆受動喫煙対策について  
国会でも注目の審議となった受動喫煙対策。子育て環境の整備を掲げる市として、対策強化の質問を行いました。
(市側の回答)
 ➡駅周辺の路上喫煙防止条例についてはやはり罰則の実効性等の課題があることから状況を見て検討するが、協力のお願いという形で駅周辺道路上も検討する。(状況、ということではこれだけ科学的に悪影響が立証されていてWHOからも指摘を受けている、さらに県内十数自治体で既に条例化されている状況はもう十分ではないか、と申し添えましたが…)
 ➡袖ケ浦公園・百目木公園については既に禁煙となってるが、それ以外の小規模な公園についても子どもたちの利用が多いことから、同様に全面禁煙にご協力をお願いすることとし、順次看板設置を進める。

◆ふるさと納税について
通常の決算書からは見えにくいふるさと納税の実質的な収支状況のチェックと、直接足を運んでもらえる体験型返礼品の充実について提議しました。
(市側の回答)
 ➡(決算が確定している平成27年度では)寄付収入が約2,000万円、経費を含めた返礼品費用が約1,000万円とほぼ50%の支出割合。しかし、他市への寄付による控除相当額(本来市税で入るものが入らなくなる)が1,500万円弱あり、寄付収入の方が下回っている。
 ➡観光農園としては小規模農家が多く、工場見学(建物外からの夜景見学も含めて提起しました)については工場側との調整に課題があるが、これらを含めて体験型返礼品の充実を図る。

◆災害時の避難所としての洋式トイレ環境について
学校や公民館は避難所として指定されていますが、和式トイレだと高齢者等にとって使いにくいものになってしまうことから、各施設、特に1階部分の洋式トイレ整備状況について質問しました。
市側の回答としては「各施設の総数としては1F部分+備蓄しているマンホールトイレ等で足りている」とのことでしたが、基本的な避難生活を送る体育館や一部公民館で整備が進んでいない場所があることや、マンホールトイレは市役所から運搬するため支障が出る可能性があると考え、避難所機能を考慮した整備計画とすることを提言しました。

ということで、「萌え」という単語はふるさと納税の一般質問のくだりで「工場萌え」というワードを使ったためのものでした。
袖ケ浦の工場地帯は割とサブカル方面での需要がありそうなので、うまく活用したいですね。

木更津港にクルーズ船?

最近、千葉港と木更津港でそれぞれクルーズ船寄港の計画についてお話を伺う機会がありました。

この流れの背景として近年クルーズ観光市場が世界的に大幅成長しており、訪日観光客の増加と合わせて非常に期待ができる分野だということがあり、国としても訪日クルーズ客を現在の100万人強から500万人に伸ばすことを目指しています。

千葉・木更津両市ともクルーズ船の寄港による観光客増を狙い、整備等を計画しているのですが、特にお隣・木更津市は港のサイズから数千人クラスの大型クルーズ船(大きいもので15階建てのものも…!)も寄港可能ということで、新たな外国人観光客の方の流れができるかもしれません。

また、ただ寄るだけの寄港地となるか発着地となるかで周辺への経済効果が大きく異なる(前後での宿泊が発生するため)のですが、木更津は立地上成田空港から比較的近いこともあり、将来的な発着地としての優位性も考えられます。

とはいえクルーズ観光客は夜には船に戻ってしまうため、普通の観光客と動線が異なったり、船を手配する企業の采配次第で大幅に客数が上下したりと難しい部分もあります。
さらには港から多数の方がバスでツアーに行くのが一般的ですので、市内だけで完結することはまず有り得ず、近隣自治体との連携も欠かせません。

袖ケ浦市としての理想は港からのツアーに市内が組み込まれることですが、それがなくとも近隣にそれだけの消費・雇用の需要が生まれることは間接的でも十分プラスになると考えます。

下のリンクは木更津の協議会の様子ですが、実際に木更津港に寄港した大型クルーズ船の内部の様子まで写真があっておもしろいですよ!
(船の中にショッピングモール、劇場やカジノも…)

http://www.city.kisarazu.lg.jp/14,50868,40,267.html