に投稿 コメントを残す

粕谷市長初本会議&初の女性議長誕生

今日は12月議会初日。いろいろトピックがあります。

①粕谷市長初の本会議
粕谷市長が先週末からいよいよ任期を迎え、初の本会議となりました。
今日の出番は所信表明と諸報告、議案の基本説明くらいですが、所信表明では選挙時に掲げていた基本政策を進めていき、袖ケ浦に成長の種をまくという決意が語られました。

②初の女性議長
阿津前議長が一身上の都合により議長の職を辞したため、新しい議長選出の選挙となり、前田美智江議員が選出されました。
袖ケ浦市としては初の女性議長であり、副議長も佐藤麗子議員という、正副女性議長というおそらく全国的にも珍しい体制となりました。
こうした選出の過程で、ベテラン議員の方も含めどなたからも女性だからどうこう、という話は裏でも一切出ないのは袖ケ浦市議会の良いところだと思います。

③12月定例会の議案
第20号までの議案が上程されていますが、金額的に大きいのは災害復興に係る補正予算と、市役所新庁舎の整備工事契約です。
既に枠の予算としては通っている話ではありますが、公募型プロポーザル方式(公募しつつ、各事業者に企画提案してもらい総合的に選ぶ仕組み)にて63億3,600万円の金額で、大成建設と契約するという議案です。
私の所属ではありませんが、詳しい議論は6日の総務企画常任委員会で行われる予定です。

庁舎のプロポーザルの詳しい経緯や内容はこちら↓
https://www.city.sodegaura.lg.jp/soshiki/shisankanri/tyousyaseibi-proposal.html

議案(概要) [PDFファイル/190KB]
https://www.city.sodegaura.lg.jp/uploaded/attachment/19226.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です